Exhibition

展覧会

exhibition

創作人形作家・与 勇輝(あたえゆうき)の作品を常設展示。
併設企画展では様々な作家の作品を展示しています。

現在展示中

耳を澄ませば

耳を澄ませば

平成29年度後期 与 勇輝展
期間  2017.9.15(金)~2018.3.14(水)

今展では「耳を澄ませば」をテーマに、純真無垢な子どもたちの日常の一場面が豊かに表現された作品を中心に約100体で構成いたします。ぜひこの機会にご高覧ください。

三枝茂雄展

三枝茂雄展


期間  2017.9.15(金)~2018.3.14(水)

東京美術学校日本画科を卒業し油彩に転向後、国画会に油彩画を出品。画業に専念するため1973年に高校教員を退職し、個展を中心に活動。1970年前後から再び日本画に専心し、以降、水墨着彩画を国画会にて出品するようになった。美術評論家吉村貞司によって水墨画の本領を示す画家として高い評価を受ける。少年期に没頭した中国の古典籍や絵画を想像力の源とし、中国故事や漢詩、仏教因果、聖書など観念的な題材を、鋭い筆線と幾層にも塗り重ねた彩色、さらに画中に詩文や俳句などの文字が書き込まれ、書画一体の水墨着彩画に独自の画境を創っている。三枝茂雄の作品は、単なる技術に裏付けただけではなく、歴史と文化の素養に深く裏づけられていることを教えてくれる。

1920 山梨県甲府市に生まれ
1939 東京美術学校(現東京藝術大学)日本画科に首席入学
1943 同校繰り上げ卒業
中華民国南京日本中学校に美術教師として赴任
1946 帰国後、湯田高等女学校勤務
1949 山梨県立都留高等学校に赴任
1950 第24回国画会展 出品
1954 都留高等学校図書館壁画制作
1956 山梨日日新聞第1回山日芸術賞受賞
1967 国画会会員推挙
1971 第45回国画会に初めて水墨着彩画「鯰」を出品
1985 「カルマ(業)」山梨県立美術館に収蔵
1989年12月24日 永眠

展覧予定

過去の展覧会

2014年から開催した与 勇輝の作品